読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

静かな世界に響く、一つの音

自分の趣味全開で書いていく、そんなブログです。

難易度が高い、でもクリアしたくなっちゃうゲーム RPG編

ゲーム

難易度の高いゲームはお嫌いですか? 私はただ難易度の高いゲームは苦手です。ですが、その先を進めたくなるゲームは好きです。難易度の高いものはクリアした時にこれまでにない喜びを与えてくれます。そんなゲームを紹介していきたいと思います。

1.デモンズソウル

f:id:leo1592:20160923185942j:plain

PS3で発売されたもので、口コミから難易度の高さが広がり売り上げが伸びていったという最近まれに見る売上の仕方でした。その口コミ通り、難易度が高く、最初のボスにたどり着くまで何度も死ぬことになるでしょう。さらにボス戦でも何度も死ぬことになるはずです。ちなみに死んだ回数は覚えてません。この何度倒されても進めたくなる理由はどこにあるのでしょう? それはソウルと呼ばれる経験値のシステムと自ら地形と敵の配置を覚えて攻略するという確実に前に進んでいると実感できることだと思います。ソウルは敵を倒すともらえます。ですが倒されると失ってしまいます。ですが、倒されたその場所にソウルが残っているのです。なので、また倒されずにその場所に向かえば失わずに済みます。その緊張感がゲームのスパイスとして効いています。

2.ダークソウルシリーズ

f:id:leo1592:20160923185951j:plain

これもPS3で発売されたものです。上記にあるデモンズソウルの続編として作られたものです。違いはデモンズソウルは拠点から一つ一つのエリアに行くのに対し、ダークソウルは拠点を持たず、エリアが続いているということです。オープンエリアというすべての地形が繋がっている感じです。ですので、探索感が増したと感じられるはずです。デメリットとしてどこに行けばいいのかが分からなくなってしまうということでしょうか。クリアするまでに何百回と死ぬことになることでしょう。

3.世界樹の迷宮シリーズ

f:id:leo1592:20160923190001j:plain

これはDSで発売されたものです。ダンジョンのマップを自分で書くという新しいシステムと高難易度が見事にマッチしていて、自分で進めると感じられる楽しみを得ることができます。買った当初、マップをタッチペンで書くのがこんなに楽しいとは思わなかったです。武具をちゃんと揃えないとダメージが大きいので、装備の大切さを知りました。極めつけは状態異常の強さです。最初に現れる敵に毒によって何度死んだことか…。クリアした時の感動は一押しです。

4.ファイアーエムブレムシリーズ

f:id:leo1592:20160923190010j:plain

ファミコンから3DSと色んな機種で発売されています。どうして長く愛されるゲームになったのでしょう? それは仲間が倒れたら二度と蘇らないという点だと思います。普通シミュレーションRPGでは倒れたとしても次のマップに進めば復活しています。ですがこれは復活しません。なので駒としてではなくキャラクターとして操作している感じが伝わってきます。キャラクターも個性があり、このキャラを育てたいと思わせます。難易度はスーパーファミコンで発売されたトラキア776が一番高いと言われています。仲間を全員死なせずにクリアしようと思うとかなりの難易度になります。最近の作品では難易度選択があり、ルナティックという一番上の難易度では経験者でも心が折れます。

5.風来のシレン

f:id:leo1592:20160923190019j:plain

 初めはスーパーファミコンで発売されました。ローグライクゲームと呼ばれるジャンルです。ダンジョンは毎回やるたびに地形が変わります。落ちてるアイテムもランダムでその時その時でどう攻略するか考えないといけません。戦闘はターン制になっていてこ

ちらが行動するまで相手は行動しません。倒されるとすべて一からのスタートになります。アイテムの使い方、モンスターの特性など今まで自分が体験したことが経験値となってゲームを攻略します。

6.ブレスオブファイア5 ドラゴンクォーター

f:id:leo1592:20160923190034j:plain

PS2で発売されました。RPGですが、色々なシステムがありそこで躓きやすいです。そしてRPGのくせに一週目でクリアさせない難易度で、クリアする前に周回するというまれなゲームです。Dカウンターというシステムがあり、100%まで溜まるとゲームオーバーになります。そしてゲームは「はじめから」になります。ですが周回特典として色々ともらえるので、周回を重ねるごとにクリアは近づきます。これはクリアして終わりのゲームではなく、クリアするまで繰り返しプレイするゲームに近いです。上にあるゲームの風来のシレンに近い物を感じます。ですがクリアした時の感動は、またとないものを与えてくれます。

最後に

どうだったでしょうか。今回はRPGに絞って紹介しました。どれもこれもやりこみ要素満載で楽しめると思います。もちろん難易度は高めですが…。この中で挙げたソウルシリーズはRPGというよりアクションに近いという方もいると思います。そうですね、アクション要素は高いと思います。ですが、レベルが上がる楽しみ、装備を選ぶ重要性、パズルのようにちりばめられたストーリーなどRPGの要素がたくさんあります。アクションとRPGが上手く組み合わさってあの人気になったのでしょう。

ここで紹介したどのゲームにも言えますが、何度もトライすること。それが攻略するたったひとつの冴えたやりかたです。くじけない心も必要かな…。

 

それでは、また。