読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

静かな世界に響く、一つの音

自分の趣味全開で書いていく、そんなブログです。

ペーパーマリオシリーズの最新作カラースプラッシュは今のところ不安要素しか感じられない

ゲーム

10月13日発売予定のペーパーマリオ カラースプラッシュについてです。

今まで数々のペーパーマリオが発売されてきました。

マリオストーリー

64のマリオストーリーが始まりでした。このころはマリオの世界を冒険できることがとても楽しかったです。アクションではなく、RPGという今までのマリオのジャンルではないものでしたので興味を引きました。そしてRPGとしても、”マリオのRPG”と言えるくらい個性的なものでした。敵を倒して、経験値を得て、レベルアップするというのはふつうのRPGです。しかしレベルアップした時に自動でステータスが上がるのではなく、自分で選んで上げるのです。HP、FP、BPの3つです。FPはMPみたいなものです。BPはちょっと特殊で、装着できるバッチのポイントを上げることができます。いわゆるアクセサリーみたいなものです。自分で何を上げたらいいか考えて上げるというのは新鮮でした。マリオのアクション、ジャンプ、ハンマーや仲間のアクションを駆使して謎解きしていくのも面白かったです。もちろんクッパやピーチ姫も出てきます。それぞれちゃんとした役割があり、ゲームを引き立てます。

ペーパーマリオRPG

次にGCペーパーマリオRPGです。舞台を移しただけでほとんどマリオストーリーの要素を引き継いでいます。それでも完成されたシステムなので楽しんで遊びました。世界の為にスターを集めるというのも64から変わりません。新しく増えたアクションはペーパー、つまり紙になったということです。マリオの体をロール状にしたり、紙飛行機にしたりと、マリオ自身が活躍できる場面が増えました。

スーパーペーパーマリオ

三作目はWiiスーパーペーパーマリオです。タイトルは長いですが、最初についているスーパーとはアクションの方のスーパーマリオブラザーズから取ったものです。つまり、RPGではなくアクションになったのです。最初は不安でした。RPGの舞台のままアクションにするのはかなりの綱渡りです。ですが、それは杞憂に終わります。上手く世界観とマッチしてアクションを取り込むことに成功していました。ジャンプ、ハンマー、アイテム、仲間とRPGからの要素を引き継ぎつつもオリジナル性があふれていました。敵と戦うときは戦闘画面になるのではなく、シームレスで敵を踏みつけたり、叩いたりします。Wiiの機能を使ったポイントがあったり、3Dにして奥行を出して謎解きしたりと、新しい物が増えました。ただ、これは最初は新しいと感じる一方、後半になるにつれ面倒になっていきました。ですが、今までと違うストーリーから引き込まれるようにプレイしました。

ペーパーマリオスーパーシール

そして四作目は3DSペーパーマリオスーパーシールです。これは今までの要素をすべて失くして新しく創り上げたものです。ですが、プレイしたとき感じたのは全てが合っていないということです。戦闘は集めたシールで戦います。ただし持てる上限があり、戦闘回数とシールの枚数が合いません。必然的に敵を避け、レア度の高いシールを残しながら考えて戦うことが強いられます。自由度の高いマップでどこにでも行けると思いきや特別なシールがなきゃ進めなかったり、そのシール自体どこにあるかそしてどこで使うか分からないというのが多かったです。仲間もアドバイザーが一人いるだけです。そしてRPG的なストーリーの流れがよくわからなかったというのもあります。私の中で評価が一番最低なものになります。

ペーパーマリオ カラースプラッシュ

そして最新作ペーパーマリオ カラースプラッシュはスーパーシールの流れを汲んでいます。これだけで不安になります。シールの代わりに色を塗ることになっていますが、これもまた面倒と感じる作業にならなければいいのですが。色を塗るにはペンキが必要でまた節約とか考えなければいけないのかと思うと、作業感が増します。戦闘はカードということですが、シールをカードに置き換えただけのように見えます。今まで、何度もシステムが変わっているわけですが、なぜか今回は似たようなシステムになっています。それほどこのシステムが好評だったのでしょうか。それとも思いつかなかっただけでしょうか。

色を塗るで思い出したのがGCで発売されたマリオサンシャインでした。あれはペンキで塗られたものを消すというものです。消すために使うポンプに複数の使い方があって操作が複雑になっていました。そのせいで難易度はかなり上がっていました。

脱線しましたが、最新作が発表されたときの喜びとスーパーシールを思い出させるシステムの不安でどう表現したらよいのか分からなくなりました。出来ればRPGで体験したかったものです。私の中ではペーパーマリオPRGが最高傑作です。だからそう思ったのでしょうか。今のところプレイしてないので当然評価を出すことは出来ませんが、プレイするかどうかは今後のシステム次第でしょうか。

 

ペーパーマリオ カラースプラッシュ

ペーパーマリオ カラースプラッシュ